カントリーファニチャー(カントリー家具)

「さしもの屋」をサブタイトルに入れた理由はこのカントリーファニチャー(カントリー家具、手作り家具)が
一番作りたかったからです。
 考えてみたら今、この国で作られている木製品の中で唯一「本物(無垢)の木でなければならない」「木の素性、特性が生きている」そしてクギやビスなどに強度を頼らない「さしもの」の技法が前面に出ているのが、このカントリーファニチャーだと思います。
最大の欠点は一品一品手作業に頼る部分が多いのでどうしてもコストに跳ね返ってしまうことです。
およそ街の家具屋さんに並んでいる量産家具の2〜3倍以上・・・ホームセンターやネットで安売りされてる海外製品と比較すると時には10倍以上の開きが生じてしまいます・・・
(もちろん不要な手間ひまは省き、少しでもコストがかからないよう努力はしています・・・が・・・)
 まあ、価格を使われる歳月で割算すれば、一番お値打ちになるんですが・・・ね!?


  ダイニングセット     ロングベンチ    ワーキングデスク(学習机) 地域材のカントリーファニチャー
間伐材のラウンドテーブル 自然素材テーブル 高田松原の松材でダイニングチェア 地元松(パイン)材でダイニングチェア
TOPページへ